花が咲かない原因は?ブルーデージーの夏越し・冬越しなど育て方

ブルーデージーの基本情報

さわやかな青色の花がかわいいブルーデージー。一般的にブルーデージーと呼ばれているのはFelicia amoena(アモエナ)とFelicia amelloides(アメロイデス)の2種類です。

花期が長いのが特徴で人気のある花ですが、夏越しがやや難しい一面も。また地域によっては屋外での冬越しも難しいので、通年管理がしにくい花でもあります。

とはいえ春から初夏までの栽培であれば育てやすい花ですので、一年草と割り切って育てるのもありでしょう。

学名Felicia
科属キク科/ルリヒナギク(フェリシア)属
分類多年草
耐寒性/耐暑性耐寒性やや弱め/耐暑性強め
開花4~6月/9月~11月ごろ
用途鉢植え/地植え

ブルーデージーの育て方

ブルーデージーは比較的ポピュラーな植物ですが、栽培には少しポイントを押さえる必要があります。

ここからはそんなブルーデージーを元気に育てるためのポイントを紹介します。

ブルーデージーの植え付け

ブルーデージーの植え付け時期は3月~4月ごろ。日当たりと水はけの良さが大切です。

鉢植えで育てる場合は、水はけが良ければ市販の培養土で問題ありません。自分で配合するなら、赤玉土と腐葉土とピートモスを5:3:2くらいが向いているでしょう。

地植えする場合は植え付け場所にご注意を。前述の通りブルーデージーは日当たりを好みますが、同時に高温多湿が苦手です。

雨に当たる場所も不向きなので、夏越しを考えるならこれらを考慮した場所がいいでしょう。具体的には、水はけが良く雨の当たらない半日陰くらいがいいと思います。

また実際に植え付けるときは、腐葉土などを混ぜ込み水はけをよくしておくのも大切です。

ブルーデージーの肥料

ブルーデージーの肥料としては、まず植え付け時の元肥として緩効性化成肥料を混ぜ込みましょう(元肥入りの培養土を使った場合は不要です)。

以降の追肥では、鉢植えは春から秋にかけて緩効性化成肥料を与えるのがおすすめ。ただし真夏は肥料を与えません。

ブルーデージーを地植えしている場合、あまり追肥の必要はありません。様子を見ながら、必要であれば緩効性化成肥料か液体肥料を与えるといいでしょう。

ブルーデージーの花がら摘み

ブルーデージーの花が終わったら、適時花がらを摘み取ってあげましょう。そのまま放置するとカビたり、病気になる原因になりかねません。

ブルーデージーの花を長く楽しむためにも、定期的に花がら摘みをするのがおすすめです。

ブルーデージーの切り戻し

ブルーデージーの切り戻し時期は、春に咲いた花が咲き終わったころ。半分~1/3くらい残すように切り戻します。

こうすることで風通しがよくなり夏越しさせやすく、また秋に花を楽しめるでしょう。

ブルーデージーの植え替え

ブルーデージーを鉢植えで育てている場合は、植え替えも必須。根の様子を見ながら、だいたい年に1回くらいのペースで植え替えを行うといいでしょう。

具体的には、上でご紹介した切り戻しを行った後に植え替えるのがベスト。根を傷めないように注意しながら植え替えましょう。

なおブルーデージーを地植えしている場合は、基本的に植え替えの必要はありません。

ブルーデージーの花が咲かない原因は?

「せっかく植えたのにブルーデージーの花を咲かない!」なんて困った経験はありませんか?

ブルーデージーの花が咲かない原因はいくつかありますが、日光不足が考えられます。

というのも、ブルーデージーは日当たりの悪い環境だと花付きが悪くなりがち。ブルーデージーの花を楽しむためにも、日当たりの良い場所を選ぶようにしましょう。

ただし、耐暑性が弱めのブルーデージーにとって、真夏の直射日光は強すぎるもの。日当たりをある程度キープしつつ、ブルーデージーにとって適切な環境で管理してあげてくださいね。

ブルーデージーの夏越し・冬越し方法

夏越しや冬越しに少し気を遣うブルーデージー。ここからはそんな夏越し・冬越しのポイントについてそれぞれご紹介していきます。

なお地植えだと場所選びが少し難しいので、心配な場合は最初から鉢植えにしておくのもおすすめですよ。

ブルーデージーの夏越し

高温多湿が苦手なブルーデージー。上手に夏越しさせるなら、まず上でご紹介した切り戻しを行います。

そして雨に当たらず涼しい半日陰などで管理しましょう。ブルーデージーは日当たりを好むものの、真夏の直射日光は強烈なので、避けてくださいね。

地植えであれば、あらかじめよく植え付け場所を考慮してください。

なおコンクリートの照り返しや温度上昇には要注意。たとえばベランダや玄関ポーチのようなコンクリート敷きの場所に鉢を置いておくと、思いがけず高温になる可能性もあります。

その場合はフラワースタンドなどを用いて地面から少し離すなど、工夫してあげるのがおすすめですよ。

ブルーデージーの冬越し

ブルーデージーの耐寒温度はだいたい5度程度といわれています。そのため地域によっては、屋内での冬越しが必要になるでしょう。

霜の心配がなく気温もキープできる暖かい地域であれば屋外でも良いですが、それ以外なら室内が無難。日当たりの良い場所において、冬越しさせてあげましょう。

ちなみに実は筆者である私も以前ブルーデージーを地植えで育てていましたが、冬越しできませんでした。一応霜よけは施したものの、我が家の辺りでは真冬になると耐寒温度を下回りますから、次に育てるときはもう少し工夫が必要だなと思っています。

ブルーデージーの花言葉と誕生花

ブルーデージーの花言葉は、「純粋」「幸福」「恵まれている」「協力」「幸運」「かわいいあなた」「無邪気」など

また3月14日・12月25日などの誕生花でもあります。

ランキング参加中です!気に入ったらクリックお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
花の育て方
スキハナ
タイトルとURLをコピーしました