種類豊富なオステオスペルマム!育て方から花言葉まで解説


オステオスペルマムの基本情報

マーガレットのような愛らしい花を咲かせるオステオスペルマム。たくさんの花色・品種があり、八重咲のものや花弁がスプーンのような形をしたスプーン咲きのものまで楽しめます。

一年草や二年草のものもあるものの、日本で出回っている園芸品種は多年草がほとんど。耐寒性が強めで、比較的に育てやすいのも魅力です。

また一般的な開花時期は3~6月の春から夏にかけてですが、夏越しを上手くできれば秋に咲かせることも可能だと言われています。

別名アフリカンデージー
学名Osteospermum
科属キク科オステオスペルマム属
分類多年草/一年草/二年草(日本で出回る園芸品種は多年草がほとんど)
耐寒性/耐暑性耐寒性強め/耐暑性やや弱め
植え付け9~10月
開花3~6月/9~11月
用途鉢植え/地植え

オステオスペルマムの種類

咲き方の異なるオステオスペルマム

オステオスペルマムの種類はさまざま。八重咲をするものやスプーン咲きをするものまで、種類によって違う咲き方が楽しめます。おすすめの一部をご紹介するので、お気に入りを探してみてくださいね。

  • 【オステオスペルマム・サニーシリーズ】…花付きがよく日本でも見かける機会の多いサニーシリーズ。シエラは銅色のようなオレンジの花色が魅力です。
  • 【オステオスペルマム・ダブルファン】…八重咲をする品種です。豪華な見た目であたりがパッと華やぎます。
  • 【オステオスペルマム・ニンジャタイプ】…花弁がくびれスプーンのように咲く、スプーン咲きをするのが特徴です。
  • 【オステオスペルマム・ナシンガ】…上記のニンジャタイプ同様に、スプーン咲きをする品種です。
  • 【オステオスペルマム・シンフォニーシリーズ】…オステオスペルマムとディモルフォセカを交配してつくられたのが、このシンフォニーシリーズ。比較的に暑さにも強いのが特徴です。
  • 【オステオスペルマム・アキラシリーズ】…多花性で完成度が高いとされるアキラシリーズ。余談ですが筆者である私もこのアキラシリーズを育てています!

オステオスペルマムの育て方

オステオスペルマムの植え付け

オステオスペルマムは水はけのいい土を好みます。地植えする際は水はけのよい場所を選ぶといいでしょう。

鉢植えの場合は市販の培養土で問題ありませんが、自身で配合するなら赤玉土7:腐葉土3くらいの割合がおすすめです

オステオスペルマムの肥料と与え方

肥料は植えつけ時に緩効性肥料を混ぜ込みます。それ以降は春と秋に緩効性肥料、さらに開花時期には液体肥料を10日に1回くらいのペースで与えるといいでしょう

オステオスペルマムは開花時期の長い花ですから、肥料を切らさないようにすることが大切です。

なお夏場や冬場の肥料は不要です

オステオスペルマムの切り戻し方法

オステオスペルマムは高温多湿に弱い花です。そのため、花が終わり梅雨が近くなった5月下旬~6月ごろに切り戻しを行います

だいたい1/3ほどの位置で切り戻すことで風通しも良くなり、株が蒸れるのを防いでくれます。

また冬越し前の10月ごろにも再度切り戻しを行うといいでしょう。

オステオスペルマムの植え替え

オステオスペルマムを鉢植えしている場合、植え替えも必要です。根詰まりなどの原因になるため、2年に1回くらいのペースで植え替えを行いましょう

植え替えの時期は梅雨前の5月下旬~6月ごろで、切り戻しをした後に植え替えるのがおすすめです。

オステオスペルマムの管理方法

オステオスペルマムは耐寒性が比較的強めで、ある程度の寒さであれば耐えられます。しかし霜や寒風は苦手なので、冬場は日当たりのよい軒下や室内の窓際に置くといいでしょう

地植えの場合は霜よけや風よけを行うのがおすすめです。

また耐暑性は弱めなので、梅雨の長雨や夏場の暑さなど高温多湿にも要注意。梅雨の長雨にはあまり当てないようにし、夏は風通しのいい半日陰が向いています。

オステオスペルマムは通販でも購入可能?

Amazon.co.jp: オステオスペルマム:アキラ 花色混合3.5号ポット 6株セット[花壇へのまとめ植えに!]: ホーム&キッチン
Amazon.co.jp: オステオスペルマム:アキラ 花色混合3.5号ポット 6株セット: ホーム&キッチン

このように魅力あふれるオステオスペルマムですが、なかなか近くで手に入らないってこともありますよね。そんなときは通販での購入もおすすめです。

ネット通販でも取り扱っていることが多いので、ぜひ参考にしてくださいね。

オステオスペルマムの花言葉

オステオスペルマムの花言葉は、「無邪気」「元気」「ほのかな喜び」「変わらぬ愛」です。オステオスペルマムは花色が豊富で開花時期も長いですから、ぴったりの花言葉ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました